MigrationWiz で移行されないのはどのアイテムですか?

回答:

この記事では、移行できない具体的なアイテムの詳細を各移行元システムごとに説明します。

注意:

  • MigrationWiz は移行先に対応しないアイテムを移行できません。場合により移行元のアイテムを移行先が受け入れられるように変換できます。この例として Google Drive の Google ドキュメントを OneDrive for Business の Microsoft Word に変換できることが挙げられます。
  • この記事の最初のセクションには、すべてのメールシステムから移行されないアイテムの詳細が含まれます。それ以降のセクションでは、特定のシステムから移行されないアイテムの詳細が含まれます。これらにはメールとドキュメントのシステム、および Exchange のパブリック フォルダーが含まれます。

 

すべてのメールシステム(移行元):

以下は API の制限により、メールボックス間で移動されないアイテムのリストです。

  • メールフォルダ内のカレンダーの返信などのフォルダーの種類と一致しないアイテム
  • コアシステムの種類から継承しないカスタム アイテム
    • 例:真のメール、カレンダー、連絡先、履歴、メール、メモ、タスク以外のアイテム
    • InfoPath のフォーム
  • 招待、キャンセルなどのカレンダーの通知
  • カレンダーのアクセス許可
  • 定期的な会議の例外となる、修正された説明と修正された参加者リストは移行されません(しかし定期的な会議の例外は移行されます)。詳細はKB005105で参照してください。
  • メモなどの一連の反復イベントのカスタマイズが、一部の各イベントで更新されます。
  • ミーティング参加者の受け入れステータス(受け入れ、辞退、暫定)
    • 注意:
      • 会議の主催者のカレンダーには、会議を受け入れた参加者が移行先に受け入れとして表示されます。しかし、その同じ会議でも主催者は「受け入れ」とは表示されません。
      • 会議の参加者のカレンダーには、会議の主催者は「受け入れ」と表示されますが、参加者が会議を受け入れても本人のステータスは「受け入れ」と表示されません。

    • Exchange 2003 から:BCC 受信者と予定出席者
  • 個人用配布リスト。これらは、Office 365 で「連絡先グループ(Contact Groups)」と呼ばれます。
  • サーバーベースの配布リスト
  • 的配布リスト。
    • 注意:詳細情報は KB005378 で参照してください。
  • 配信不能レポート/受領通知(NDR)や配信通知(DSN)などのバウンス通知
  • RSS フィード
  • メールボックス設定、共有設定、委任、クライアント設定、例:既定フォント
  • メールボックスのルールとフォルダーへのアクセス許可の設定。これらは、Exchange Server 2010 SP1+ 以降および Exchange Server 2010 SP1+ 移行のみに対応します。
  • 個人用メッセージング リソース管理(MRM)タグ。

  • Outlook クイック操作
  • クライアント側のルールは移行されません。クライアントのみのルールは、ルールを作成したユーザーが、ルール作成時と同じプロファイルを使って Outlook クライアントにログインするまで実行されません。
  • リンクされたメールボックス( https://technet.microsoft.com/en-us/library/bb123524.aspxで説明されています。)リンクされたメールボックスでは、Exchange が外国口座用の代わりに使用されるローカルフォレスト内の無効なユーザーアカウントを作成します。MigrationWiz はメールボックスが Web アクセス(OWA / EWS)を介してアクセス可能な場合に限り、リンクされたメールボックスを移行できます。

  • カテゴリーの色分け

  • 連絡先(Contacts)の名刺(Business Card)内に追加された写真。注意写真は、Exchange から Office 365 へ、および Office 365 から Office 365 へのような、再現性の高い移行シナリオ用の移行に含まれます。

  •   

Google ​​Apps (移行元) から:

  • カレンダーの添付ファイ
  • カレンダーのリマインダー
  • 一部のカレンダーの色
    • 注意:すべての色カテゴリーのメタタグが転送されますが、Office 365 は Google Apps と同じカラーマッピングを持たないため、一部の色はマップされず、Office 365 のカレンダーエントリには表示されません。
  • タスク
  • フォーラムと共同受信箱を含む Google Groups for Business

  • Google のカテゴリ(Google のカテゴリフラグ:ソーシャル(Social)、プロモーション(Promotions)、アップデート(Updates)、フォーラム(Forums)など)

  • 弊社では、IMAP 経由で表示されるアイテムだけを移行できます。

  • Google Drive にリンクされたメールの添付ファイル

 

Google Apps へ(移行

先):

  • 反復する予定の例外
  • フォーラムと共同受信箱を含む Google Groups for Business
Google Drive:
  • 個人の Gmail ドライブがサポートされていません。
  • Google Forms
  • Google Templates - しかしテンプレートが適用されたファイルは移行されます
  • 作成日(Creation Date) - 作成日は「移行日」(date of migration)の日付に変更されます
  • 修正日(Modification Date)
  • スクリプト/マクロ - ドキュメントに移行する際にスクリプトはマクロに変換されません
  • ドキュメントの履歴(Document History)
  • コメント(Comments)
  • バージョン履歴(Version history)
    • 注意: 無料の Google Drive のアカウントは Google Drive の移行に対応する移行元ではありません。

 

Google Sites

  • 「ファイル キャビネット(File Cabinet)」テンプレートのタイプでないページ
  • 「ファイル キャビネット(File Cabinet)」でないページに添付されたファイル
  • ファイル キャビネットであるサブページ

​​​

OneDrive​​ for Business:

  • 作成日(Creation Date) - 作成日は「移行日」(date of migration)の日付に変更されます
  • 修正日(Modification Date)
  • ドキュメントの履歴(Document history)
  • バージョン履歴(Version history)


Office 365 グループ

  • カレンダー(Calendars)
  • 会話(Conversations)
  • ノートブック(​Notebooks)

SharePoint Online:

  • サイトのロゴとカスタマイズ
  • タスク リスト
  • カスタム タスク
  • ニュースフィード
  • バージョン付け
  • メタデータ

Lotus Notes:

  • Lotus Distribution グループ
  • Lotus Mail グループ

​​​​Box.com:

  • Box メモ(Box Notes)
  • Box ブックマーク(Box Bookmarks)
  • Box タグ(Box Tags)
  • Box アクセス許可(Box Permissions)
  • バージョン履歴(Version history​)

 

Dropbox:

  • Dropbox メモ(Dropbox Notes)
  • Dropbox ブックマーク(Dropbox Bookmarks)
  • Dropbox タグ(Dropbox Tags)
  • Dropbox アクセス許可(Dropbox Permissions)
  • バージョン履歴(Version history​)


Amazon Storage:

  • ストレージ クラス(Storage Class)が「Glacier」のアイテム - Amazon の保持ポリシーによりコールド ストレージにアーカイブされたアイテム

Exchange パブリック フォルダー:
  • メール設定
  • Exchange 2003:パブリック フォルダー
  • Exchange 2007:パブリック フォルダーのアクセス許可
  • システム パブリック フォルダーは IPM_SUBTREE に存在せず、Migration Wiz で検出されないため移行されません。

 

追加のコメント:

MigrationWiz は、コンテンツ移行ソリューションです。弊社では以下のいずれも実行しません

  • Outlook プロファイルの作成(DeploymentPro でこれが処理されます)
  • クライアント側の設定の移行
  • アカウントのプロビジョニング
  • アクティブなディレクトリに関係するオブジェクトの作成や同期
  • NK2 ファイルの移行
  • 以前の移行パスで移行されたアイテムの更新、削除、移動の伝搬。これは弊社に変更の「ライブ」モニターがなく(同期エージェントと同様)、ユーザーとの接触なくして問題解決などの処理ができないためです。
  • 個人ユーザーのメールボックスからパブリック フォルダーへ、およびその逆方向の移行。 パブリック フォルダーは、他のパブリック フォルダー、または共有メールボックスのみに移行できます。
  • 任意のシステムのバージョン履歴の移行
​ ​​​