どのアイテムが MigrationWiz で移行されますか?

回答:

以下はいくつかのプロトコルと移行の種類を使って MigrationWiz で移行されるアイテムのリストです。

移行元と移行先として使用できるサービスの詳細については、御社で現在対応するシステムの記事を参照してください。

メールボックスの移行:

  • Amazon S3:受信トレイ、フォルダー、メール、連絡先、カレンダー、タスク、履歴、メモ、サーバー側のルール
  • Microsoft Office 365:受信トレイ、フォルダー、メール、連絡先、カレンダー、タスク、履歴、メモ、サーバー側のルール、フォルダのアクセス許可
  • Exchange Server 2003(移行元のみ):受信トレイ、フォルダー、メール、連絡先、カレンダー、タスク、履歴、メモ
  • Exchange Server 2007+:受信トレイ、フォルダー、メール、連絡先、カレンダー、タスク、履歴、メモ、BCC 受信者
  • Exchange Server 2010 SP1+:受信トレイ、フォルダー、メール、連絡先、カレンダー、タスク、履歴、メモ、サーバー側のルール、フォルダのアクセス許可
  • Google Apps:受信トレイ、フォルダー/ラベル、メール、ミュートメール(通常のEメール)、連絡先、カレンダー(カレンダー会議内の Google ハングアウトのリンクを含む)。
    • 注意:Google ハングアウトのリンクは、Google Meeting に追加された新しい既定の機能です。Microsoft Office 365 にはマッピングする対応プロパティがありません。そのため Office 365 への移行時には、Google ハングアウトのリンクが Office 365 の会議の説明本文の先頭に追加されます。
  • Gmail(無料):受信トレイ、フォルダー/ラベル、メール、ミュートメール(通常のEメール)、連絡先、カレンダー
  • GroupWise 7+(移行元のみ):
    • 受信トレイ、フォルダー、メール、連絡先、カレンダー、タスク - 移行先が Exchange か Office 365 の場合
    • 受信トレイ、フォルダー、メール - 移行先が Exchange か Office 365 でない場合
  • Lotus Notes 6.5+(移行元のみ):受信トレイ、フォルダー、メール連絡先、カレンダー、タスク
  • Zimbra 6+(移行元のみ):受信トレイ、フォルダー、メール、連絡先、カレンダー、Tasks94
  • IMAP:受信トレイ、フォルダー、メール
  • POP(移行元のみ):受信トレイ、メール
  • Open Xchange:メール、連絡先、カレンダー

 

移行されるメールのプロパティ:

  • 日付/時刻、件名、本文、重要度、秘密度、サイズ、アイテムのクラス、フォローアップフラグ。
  • カレンダーの色のカテゴリー。既定の色は、移行中に維持されます。しかし移行先で対応できる以外の追加の色のカテゴリーが移行元で定義されている場合は、これらは移行されません。この場合、移行先のデフォルトのカレンダーの色に変換されます。たとえば、Google は Office 365 よりも多くのカレンダーの色に対応しています。Office 365 の既定 6 色(青、オレンジ、緑、紫、赤、黄)以外の Google のカレンダーの色は、Office 365 の既定色(明るい赤)に変換されます。

 

パブリック フォルダーの移行:

注意:パブリック フォルダーは、他のパブリック フォルダー、または共有メールボックスのみに移行できます。弊社では、個々のユーザーのメールボックスをパブリック フォルダーに移行せず、またその逆もしません。

  • Exchange 2003:[パブリック フォルダーの移行がサポートされていません]
  • Exchange 2007:パブリック フォルダー、サブフォルダー
  • Exchange 2010 SP1+:パブリック フォルダー、サブフォルダー、アクセス許可
  • Office 365:パブリック フォルダー、サブフォルダー、アクセス許可

 

ドキュメントの移行:

注意:これは完全なリストではなく、一般的な移行先のみが含まれています。対応する移行先の完全なリストは、 プロジェクトの作成時に移行先の設定(Destination settings)で参照できます。



  • 注意:
    • 弊社では共有フォルダーとアイテム(ユーザーと共有したアイテムを含む)を移行しますが、共有フォルダーとアイテムは移行先で共有のステータスを維持しません。
    • アクセス権は、移行元 Box の環境から移行されません。
  • Dropbox:フォルダー、共有フォルダーのアクセス許可、コードファイル(XML、CS、CPP、H など)、ドキュメント(DOCX、DOC、ODT、CSV、PDF ファイルなど)、画像(PNG、JPG 等)、フォーム、実行可能ファイル(EXE)、ビデオ(AVI、MP4 など)、オーディオファイル(MP3、WAV など)。一般的な移行先:OneDrive for Business。

    注意:
    • 弊社では Dropbox が移行元として設定されている際に共有フォルダーとアイテム(顧客と共有したアイテムを含む)を移行しますが、共有フォルダーとアイテムは移行先で共有のステータスを維持しません。
    • Dropbox が移行先として設定されているとアクセス許可が移行されず、Dropbox のエンドポイントが追加されたときに、管理者の資格情報が入力されません。つまり、個々のユーザーがドキュメントの移行プロジェクト用の資格情報を提供すべき際に、アクセス許可が移行されません。
  • ファイル サーバー(移行元のみ):フォルダ構造、ファイル、アクセス許可。一般的な移行先:OneDrive for Business(通常はホームディレクトリ用)および SharePoint Online (リマインダー用:すべての共有ドキュメントなど)。
  • Google Drive:フォルダー、ユーザーのドライブの共有フォルダー、アクセス許可、Google Forms を除く Google Apps のネイティブファイル、コードファイル(XML、CS、CPP、H など)、ドキュメント(DOCX、DOC、ODT、CSV、PDF ファイルなど)、画像(PNG、JPG など)、実行可能ファイル(EXE)、ビデオ(AVI、MP4 など)、オーディオファイル(MP3、WAVE など)。一般的な移行先:OneDrive for Business、Google Drive。
  • OneDrive for Business:フォルダー、共有フォルダーのアクセス許可、コードファイル(XML、CS、CPP、H など)、ドキュメント(DOCX、DOC、ODT、CS、PDF ファイルなど)、画像(PNG、JPG 等)、フォーム、実行可能ファイル(EXE)、ビデオ(AVI、MP4 など)、オーディオファイル(MP3、WAV など)。一般的な移行先:OneDrive for Business、Google Drive。
  • SharePoint Online:ドキュメントライブラリと権限。一般的な移行先:SharePoint Online:
  • Google Sites:「ファイル キャビネット」ページのタイプである Google Sites のファイルは SharePoint Online のドキュメント ライブラリに MigrationWiz を使用して移行することができます。移行には、ドキュメントとそのアクセス権の両方が含まれます。

 

アーカイブの移行:

  • Exchange Server 2003+(移行元のみ):[Exchange Server 2003 のアーカイブはサポートされていません]
  • Exchange Server 2007+:[Exchange Server 2007 のアーカイブはサポートされていません]
  • Exchange Server 2010 SP1+:フォルダー、メール、連絡先、カレンダー、タスク、履歴、メモ、サーバー側のルール、フォルダのアクセス許可、BCC 受信者
  • Office 365:フォルダー、メール、連絡先、カレンダー、タスク、履歴、メモ、サーバー側のルール、フォルダのアクセス許可、BCC 受信者
  • Google Vault(移行元のみ):フォルダー、メール
  • Google Apps(移行先のみ):フォルダー、メール
  • IMAP(移行先のみ):フォルダー、メール
  • PST(移行元のみ):ユーザーの Azure ストレージからの PST ファイル - フォルダー、メール、連絡先、カレンダー、タスク、履歴、メモ
  • PST BitTitan ストレージ(移行元のみ):Uploaderwiz を使って BitTitan Storage にアップロードされた PST ファイル - フォルダー、メール、連絡先、カレンダー、タスク、ジャーナル、メモ

注意:

​ ​​