オンプレミスの Exchange(バージョン 2007 以降)から Office 365 への移行ガイド

はじめに

  • ここではオンプレミスの Exchange サーバー(バージョン 2007 以降)から Office 365 にメールボックスを移行するための完全なオンボードのタスクの流れについて説明します。
  • 順番に各ステップを完了してください。対応するサポート技術情報の記事へのリンクが提供されています。
  • あなたの移行元サーバーが Exchange 2003 バージョン、または小規模ビジネス サーバー(SBS)を実行している場合は、KB004965 を参照してください。
  • MSPComplete セクションには、エンドユーザーに対して Device Management Agent (DMA) を導入する手順が含まれています。これは HealthCheck for Office 365 と DeploymentPro のモジュールを含む Agent です。HealthCheck for Office 365 や DeploymentPro を使用する場合、エンドユーザーに DMA を事前に導入する必要があります。
  • 事前に HealthCheck for Office 365 を使ってエンドユーザーのハードウェアとソフトウェアに Office 365 との互換性があることを確認することを強くお勧めします。 注意: HealthCheck for Office 365 は無料のユーティリティです。 KB005407
  • また DeploymentPro を使って、この移行シナリオの Outlook のプロファイルを再構成することをお勧めします。

    注意:
    DeploymentPro を使用する前にライセンスを購入する必要があります。 KB004875

移行元の Exchange 環境の準備

  1. 移行元の Exchange メールボックス サーバーで移行するための管理者アカウントを設定します。  KB004725
  2. OWA が移行元の Exchange サーバーで機能している必要があります。 KB004392
  3. メールボックスへのアクセスをテストします。 KB004616
  4. 移行中に Exchange の調整ポリシーを無効にします。 KB004945

    注意:
    • これは、Exchange 2010+ のみに関連します。バージョン 2007 またはそれ以前の Exchange には調整ポリシーがありません。
    • Exchange 2010 またはそれ以降を実行している場合は、移行の速度を上げるために Exchange の調整ポリシーを無効にすることをお勧めします。
    • KB004945 のオプション 1 の支持に従い、すべてのユーザーでなく管理者アカウントの調整だけを無効にする支持に従います。
  5. インフライトスタブ リハイドレーション(アーカイブされたメールを移行中に再構成)によりアーカイブされたメールを移行する場合は、移行元環境でアーカイブ抽出エージェントを導入します。 KB005639

    注意:アーカイブされたメールの移行は Veritas Enterprise Vault 9 またはそれ以降でサポートされています。インフライトスタブ リハイドレーションを持つアーカイブされたメールの移行については、KB005463 を参照してください。

移行先の環境の準備

  1. Office 365 で移行に使用する管理者アカウントを作成するか、テナントのグローバル管理者アカウントを使用します。 KB004948
  2. Office 365 にアカウントを設定し、ライセンスを割り当てます。これらは、いくつかの方法で作成することができます。
  3. 大きなメールアイテムを送受信するようにテナントを準備します。 KB005139
  4. テナント EWS の調整限界を 60 日間に延ばすように Microsoft に問い合わせます。 注意: この手順は移行元の環境が移行先よりも速い移行に対応する場合にのみ必要とされます。 KB005493

MSPComplete の手順

  1. 顧客を作成します。 KB005421
  2. 移行元と移行先のエンドポイントを作成します。 KB005427
  3. ライセンスを購入します。MSPComplete のダッシュボードから、 購入(Purchase)> メールボックスの移行(Mailbox Migration) の順にクリックして、 MigrationWiz-Mailbox を選択し、購入するライセンス数を入力します。

    注意:割引の対象となっているバンドルがあるかどうかを確認します(MigrationWiz-Mailbox や DeploymentPro Bundle など)。 KB004647
  4. DMA をユーザーに対して導入します。DMA をユーザーに導入後、MSPComplete でユーザー(Users)のタブを確認してください。ここには DMA がインストールされているユーザーアカウントが自動入力されます。DMA は以下のオプションのいずれかにより導入することができます。
    • Group Policy オブジェクト(GPO)による方法。

      注意:これはユーザーの操作が必要でないため、推奨される方法です。 KB005412ビデオ
    • メール経由による方法。 KB005411

HealthCheck for Office 365 の手順

  1. すべての製品(All Products)> HealthCheck for Office 365 の順に移動して、起動する指示に従います。
  2. リストで顧客名をクリックして、顧客を選択します。

    注意:
    顧客のアカウントで DMA が導入されていると、ステータス欄が有効と表示されます。
  3. 結果を確認します。

    注意:コンピュータの行に赤い X が表示される場合は、行の右端にある 円グラフのアイコンをクリックして詳細な結果を確認する必要があります。
  4. 作業記述書(Statement of Work)にアップグレードするアクションアイテムとコストを含めます。
  5. 修復手順を実行します。

DeploymentPro の手順

  1. DeploymentPro を起動します。
    • すべての製品(All Products)> DeploymentProの順に移動して、起動する指示に従います。
    • リストで顧客名をクリックして、顧客を選択します。

      注意:顧客のアカウントで DMA が導入されていると、ステータス欄が有効と表示されます。
    • 顧客の DeploymentPro モジュールを構成します。
      • ドメインを入力します。
      • 移行先のエンドポイントを選択します。
      • 自動作成(Auto-populate)の枠にチェックマークを入れます。
      • クライアントインタフェースの構成(Client Interface Configurations)のセクションで、会社のロゴをアップロードし、サポートのテキストを追加します。

        注意:これはエンドユーザーが自分の Outlook プロファイルを再構成する際にデスクトップのポップアップで表示されるロゴとテキストであるため、アップロードすることを強くお勧めします。自分のロゴをアップロードしないと、既定の BitTitan のロゴが代わりに表示されます。
      • 保存して続行します。
  2. ユーザーの DeploymentPro モジュールをアクティブ化します。
    • すべてのユーザーを選択する(プライマリ メール(Primary Email)欄の見出しの左にあるボックスにチェックを付ける)か、各ユーザーのメールアドレスの左にある枠をチェックしてユーザーを一人ずつ選択します。

      注意:DeploymentPro を使用する各ユーザーに DeploymentPro ライセンスを購入する必要があります。 KB004647
    • モジュールの実行(Run Module)ボタンをクリックします。
  3. プロファイルを切り替える日付を設定します。
    • Outlook でプロファイルの構成が実行される日付と時刻を設定して、 モジュールの実行(Run Module)ボタンをクリックします。

      注意:
      • DeploymentPro モジュールはユーザーのデバイスに即時にインストールされ、その後その日付まで待機状態となります。
      • プロファイルを切り替える日付は MX 記録切り替えの直後に設定する必要があります。
  4. プロファイルを切り替える日に、ユーザーは Outlook プロファイルの再構成の手順に従います。

MigrationWiz の手順:

以下の手順のウォークスルーを表示するには、 このビデオを参照してください。

  1. メールボックスの移行(mailbox migration)プロジェクトを作成します。 KB005070
    • メールボックス移行プロジェクトを作成(Create the Mailbox Migration project)し、顧客、移行元エンドポイント、移行先エンドポイントの順に選択します。
  2. インフライトスタブ リハイドレーション(アーカイブされたメールを移行中に再構成)を使ってアーカイブされたメールを移行する場合は、Enterprise Vault SQL Server やアーカイブ ディレクトリなどの追加の移行元構成の情報を提供します。 KB005489

    注意: アーカイブされたメールの移行は Veritas Enterprise Vault 9 またはそれ以降でサポートされています。 インフライトスタブ リハイドレーションを持つアーカイブされたメールの移行については、KB005463 を参照してください。
  3. プロジェクトに移行するアカウント(別称アイテム)を追加します。 KB004842
  4. プロジェクトの詳細オプション(Advanced Options)を設定します。 KB004834
    • 以下のオプションは、この移行シナリオで最も価値があります。
      • 移行先で偽装を使用するように設定します。 移行先で偽装を使用する(Use impersonation at Destination)の枠にチェックマークを入れます。 KB004727
      • 最大同時移行(Maximum concurrent migrations)を設定します。移行元サーバーに十分なサーバーリソースがある場合、1Mbps あたり 3 メールボックスの帯域幅のガイドラインに基づき、このパラメータを設定します。例えば 10Mbps の接続がある場合は、最大同時移行パラメータを 30 に設定することをお勧めします。移行元サーバーの使用可能なリソースが非常に少ない場合(メモリ不足や非常に高い CPU 使用率など)、移行元サーバーが多量のリクエストにより圧倒されないように低い数値を設定することをお勧めします。
  5. 資格情報の確認(Verify Credentials)を実行します。 KB004511
  6. 移行が実行中であることをユーザーに通知します。すべてのユーザーに移行の時間と日付を通知するメールを送信します。
  7. 前段階パス:ユーザーを選択し、 開始(Start)ボタンを上から選択して 前段階の移行(Pre-Stage Migration) を選択し、移行スケジュール(Migration Scheduling)セクションのドロップダウン リストから 90日前(90 days ago)を選択して、 移行の開始(Start Migration)をクリックします。 KB004938
  8. MX レコードを一括化します。DNS プロバイダのポータルで MX レコードで変更します。また自動検出(CName)(AutoDiscover (CName))の設定を含みます。
    • 注意:バッチで移行し、共存が必要な場合、最終バッチのユーザーが移行されるまで MX レコードは一括化されず、ユーザーはさらに 2 つの追加手順に従う必要があります。
      • メール転送を設定します。 KB004315
      • Office 365 のメールのルーティングを設定します。 KB005137
  9. Outlook プロファイルの再構成で何が予測されるかを通知するために、エンドユーザーにメールを送信します。DeploymentPro を使用する場合は、このメールに含むことができるいくつかのサンプル テキストとスクリーン ショットについて、KB005799 を参照してください。
  10. 完全(デルタ)パス:ユーザーを選択し、 開始(Start)ボタンを上からクリックして 完全移行(Full Migration) を選択し、 移行開始(Start Migration) をクリックします。KB004938
  11. エラー後の再試行(Retry Errors)を実行します。 KB004658
  12. ユーザーのリストで赤く表示される「移行に失敗しました(failed migration)」のエラーをクリックします。情報を確認し、それに従って対応します。
  13. 問題が解決しない場合は、サポートにお問い合わせください。 KB004529
  14. DeploymentPro を使用していない場合は、ユーザーは新しい Outlook のプロファイルを作成してから再度署名を設定し、以前のプロファイルに添付されていたすべての PST ファイルを再度添付する必要があります。
  15. 円グラフのアイコンを MigrationWiz ダッシュボードからクリックして、すべてのプロジェクトの移行統計情報を含むメールを受信します。 KB004626
​ ​