Office 365 から Office 365 への移行ガイド - ドメイン名を変更する場合

はじめに

  • ここでは、ある Office 365 テナントから別の Office 365 テナントにメールボックスを移行するための完全なオンボードのタスクの流れについて説明します。
  • 順番に各ステップを完了してください。対応するサポート技術情報の記事へのリンクが提供されています。
  • このガイドは、ドメイン名が移行先で変更される場合だけを対象としています。ドメイン名を同じまま維持する場合は、KB005005 の移行ガイドを参照してください。
  • MSPComplete セクションには、エンドユーザーに対して Device Management Agent (DMA) を導入する手順が含まれています。これは HealthCheck for Office 365 と DeploymentPro のモジュールを含む Agent です。HealthCheck for Office 365 や DeploymentPro を使用する場合、エンドユーザーに DMA を事前に導入する必要があります。エンドユーザーが既に Office 365 を使用しているため、HealthCheck for Office 365 の手順は、このガイドで省略されています。
  • DeploymentPro は、Outlook プロファイルを設定するために使用できます。 注意: DeploymentPro を使用する前にライセンスを購入する必要があります。それが推奨されている(が必須ではない)理由は、KB004875 のシナリオ 2 で参照してください。

移行元の環境の準備

  • Office 365 で移行に使用する管理者アカウントを作成するか、テナントのグローバル管理者アカウントを使用します。 KB004948
  • CSV ファイルにユーザーリストをエクスポートします。これは後で MigrationWiz プロジェクトにユーザーを一括追加する場合に使用します。追加(Add) > 一括追加(Bulk Add)で、MigrationWiz プロジェクト ダッシュボードの移行元メール欄にユーザーのリストをコピーして貼り付けることができます。 手順: Office 365 管理ポータル > ユーザー(User) > アクティブ ユーザー(Active User) > エクスポート(Export) > 続行(Continue)の順に進みます。

移行先の環境の準備

  1. Office 365 で移行に使用する管理者アカウントを作成するか、テナントのグローバル管理者アカウントを使用します。 KB004948
  2. Office 365 にアカウントを設定し、ライセンスを割り当てます。これは、いくつかの方法で作成することができます。
  3. ユーザーのリストを CSV ファイルにエクスポートします。後で MigrationWiz プロジェクトにユーザーを一括追加する場合に使用できます。追加(Add) > 一括追加(Bulk Add)で開く MigrationWiz プロジェクト ダッシュボード内の移行先メール欄にユーザーのリストをコピーして貼り付けることができます。手順:Office 365 管理ポータル > ユーザー(User) > アクティブ ユーザー(Active User) > エクスポート(Export) > 続行(Continue)の順に進みます。
  4. 大きなメールアイテムを送受信するようにテナントを準備します。 KB005139

MSPComplete の手順

  1. 顧客を作成します。 KB005421
  2. 移行元と移行先のエンドポイントを作成します。 KB005427
    • 移行元エンドポイント:

        • エンドポイント(EndPoints) > エンドポイントの追加(Add Endpoint) > エンドポイント名を入力(Enter endpoint name)の順にクリックして、エンドポイントのタイプとして、Office 365 を選択します。
        • 資格情報を提供する(Provide Credentials)のラジオボタンをクリックして、管理者アカウントの資格情報を入力します。 注意:これは、グローバル管理者アカウントであることが必要です。移行の目的のために別々の管理者アカウントを作成する場合は、KB004725 で Office 365 のセクションを参照してください。
    • 移行先のエンドポイント:

        • エンドポイント(EndPoints) > エンドポイントの追加(Add Endpoint) > エンドポイント名を入力(Enter endpoint name)の順にクリックして、エンドポイントのタイプとして、Office 365 を選択します。
        • 資格情報を提供する(Provide Credentials)ラジオボタンをクリックして、管理者アカウントの資格情報を入力します。 注意:これは、グローバル管理者アカウントである必要があります。移行の目的のために別々の管理者アカウントを作成する場合は、KB004725 で Office 365 のセクションを参照してください。
  3. ライセンスを購入します。MSPComplete のダッシュボードから、 購入(Purchase) > メールボックスの移行(Mailbox Migration) > MigrationWiz-Mailbox を選択し、購入するライセンス数を入力します。 注意:割引の対象となっているバンドルがあるかどうかを確認します(MigrationWiz-Mailbox や DeploymentPro Bundle など)。KB004647
  4. DMA をユーザーに対して導入します。DMA をユーザーに導入後、MSPComplete でユーザー(Users)のタブを確認してください。ここには DMA がインストールされているユーザーアカウントが自動入力されます。DMA は以下のオプションにより導入することができます。
    • Group Policy オブジェクト(GPO)による方法。 注意:これはユーザーの操作が必要でないため、推奨される方法です。​KB005412 ビデオ
    • メールで経由。 KB005411

DeploymentPro の手順

  1. DeploymentPro を起動します。
    • すべての製品(All Products) > DeploymentPro の順に移動して起動する指示に従います。
    • リストで顧客名をクリックして、顧客を選択します。 注意: 顧客のアカウントで DMA が導入されていると、ステータス欄が有効と表示されます。
    • 顧客の DeploymentPro モジュールを構成します。
      • ドメインを入力します。
      • 移行先のエンドポイントを選択します。
      • 自動作成(Auto-populate)の枠をチェックします。
      • クライアント インタフェースの構成(Client Interface Configurations)セクションで、会社のロゴをアップロードし、サポートのテキストを追加します。 注意:これはエンドユーザーが自分の Outlook プロファイルを再構成する際にデスクトップのポップアップで表示されるロゴとテキストであるため、アップロードすることを強くお勧めします。自分のロゴをアップロードしないと、既定の BitTitan のロゴが代わりに表示されます。
      • 保存して続行します。
  2. ユーザーの DeploymentPro モジュールをアクティブ化します。
    • すべてのユーザーを選択する(プライマリメール(Primary Email)欄の見出しの左にあるボックスにチェックを付ける)か、各ユーザーのメールアドレスの左にあるボックスをチェックしてユーザーを一人ずつ選択します。 注意:DeploymentPro を使用する各ユーザーに DeploymentPro ライセンスを購入する必要があります。 KB004647
    • モジュールの実行(Run Module)ボタンをクリックします。
  3. プロファイルを切り替える日付を設定します。
    • Outlook でプロファイルの構成が実行される日付と時刻を設定して、実行モジュール(Run Module)ボタンをクリックします。
      • 注意:
        • DeploymentPro モジュールはユーザーのデバイスに即時にインストールされ、その後その日付まで待機状態となります。
        • プロファイルを切り替える日付は MX 記録切り替えの直後に設定する必要があります。
  4. プロファイルを切り替える日に、ユーザーは Outlook プロファイルの再構成の手順に従います。

MigrationWiz の手順:

以下の手順のウォークスルーを表示するには、 このビデオを参照してください。

    1. メールボックスの移行(mailbox migration)プロジェクトを作成します。 KB005070

      • メールボックス移行プロジェクトを作成(Create the Mailbox Migration project)し、顧客、移行元エンドポイント、移行先エンドポイントの順に選択します。
    2. プロジェクトに移行するアカウント(別称アイテム)を追加します。プロジェクトにユーザーを追加する際は、必ず移行先のメールアドレスが移行元ドメインでなく新しい移行先ドメイン名を指すように設定してください。KB004842
      • 注意:
        • ユーザーを追加するには追加(Add) > 一括追加(Bulk Add)オプションを使うことができます。その後、 移行元のメール(Source Email)移行先のメール(Destination Email)とマークされた欄に直接、移行元と移行先の CSV ファイルからのユーザーリストをコピーすることができます。
        • 追加(Add)> アイテムの自動検出(Autodiscover items)によりユーザーを追加すると、MigrationWiz はすべての移行元メールボックスを検出し、移行元と同じ設定の移行先メール ドメインのダッシュボードにインポートします。各アイテムの右端にある鉛筆のアイコンをクリックして、移行先ドメイン名を手動でひとつずつ変更するか、(可能な場合) KB005157 に従い移行先ドメイン名を一括変更します。
    3. プロジェクトの詳細オプション(Advanced Options)を設定します。 KB004834
      • 以下のオプションは、この移行シナリオで最も有用です。
        • 移行元で偽装を使用するように設定します。移行元で偽装を使用(Use impersonation at Source)の枠にチェックマークを入れます。 KB004727
        • 移行先で偽装を使用するように設定します。移行先で偽装を使用(Use impersonation at Destination) の枠にチェックマークを入れますKB004727
        • 大規模な移行プロジェクトの場合、最大同時移行(Maximum concurrent migrations)の値を、パフォーマンス(Performance) セクションで、1000 などの非常に高い値に設定できます。 注意: 偽装を使する場合は、この値に制限はありません。
    4. 資格情報の確認(Verify Credentials)を実行します。 KB004511
    5. 移行が実行中であることをユーザーに通知します。すべてのユーザーに移行の時間と日付を通知するメールを送信します。
    6. 前段階パス:ユーザーを選択し、 開始(Start)ボタンを上から選択して 前段階の移行(Pre-Stage Migration) を選択し、移行スケジュール(Migration Scheduling)セクションのドロップダウン リストから 90日前(90 days ago)を選択して、移行の開始(Start Migration)をクリックします。 KB004938
    7. MX レコードを一括化します。DNS プロバイダのポータルで MX レコードで変更します。また自動検出(CName)(AutoDiscover (CName))の設定を含みます。
    8. Outlook プロファイルの構成で何が予測されるかを通知するために、エンドユーザーにメールを送信します。DeploymentPro を使用する場合は、このメールに含むことができるいくつかのサンプル テキストとスクリーン ショットについて、KB005799 を参照してください。
    9. 完全(デルタ)パス:ユーザーを選択し、 開始(Start)を上からクリックして 完全移行(Full Migration) を選択し、 移行開始(Start Migration)をクリックします。 KB004938
    10. エラー後の再試行(Retry Errors)を実行します。KB004658
    11. ユーザーのリストで赤く表示される「移行に失敗しました(failed migration)」のエラーをクリックします。情報を確認し、それに従って対応します。
    12. 問題が解決しない場合は、サポートにお問い合わせください。KB004529
    13. DeploymentPro を使用していない場合は、ユーザーは新しい Outlook のプロファイルを作成してから再度署名を設定し、以前のプロファイルに添付されていたすべての PST ファイルを再度添付する必要があります。
    14. 円グラフのアイコンを MigrationWiz ダッシュボードからクリックして、すべてのプロジェクトの移行統計情報を含むメールを受信します。 KB004626
​ ​​