ログインするための管理者アカウントをどのように作成しますか?

回答:

ここでは、以下のサービスを行うための管理者アカウントを作成する詳細手順を示します。具体的なサービスの手順に移動するには、該当するリンクをクリックしてください。

注意:

  • ドメイン管理者、スキーマ管理者、エンタープライズ管理者グループに属するユーザーアカウントはいずれも、付与されている権限の数に関わらずメールボックスへの管理者権限を持ちません。Exchange Server では、明示的にこれらのグループのメンバーであるすべてのユーザーを拒否するようにセキュリティ既定が設定されています。移行用の新しいユーザーアカウントを作成することが推奨されるのはこのためです。 注意:これは Exchange Online の(Office 365)には該当しません
  • ホストされた Exchange のプロバイダが管理者の資格情報を提供しない場合や、管理者アカウントがユーザーのメールボックスにログインするための十分な権限を持たない場合は、こちらをクリックしてください

 

Exchange 2003

アカウントを作成するには、Exchange Server 2003 の機器から次の手順を実行します。

  1. アクティブなディレクトリ ユーザー(Active Directory Users)とコンピュータのスナップインを開きます。
  2. 管理者アカウントが作成される組織部門(OU)に移動します。
  3. OU を右クリックして、 新規作成(New)> ユーザー(User)の順に選択します。
  4. 名(first name)として「MigrationWiz」と入力します。
  5. ユーザーログオン名として「MigrationWiz」を入力し、オプションとしてユーザー プリンシパル名(UPN)ドメインを選択します。
  6. 次(Next)をクリックします。
  7. パスワードを入力し、パスワードを確認します。
  8. ユーザーが次回ログオンする時にパスワードを変更する必要がある(User must change password at next logon)のチェックを外します。
  9. 次へ(Next)をクリックします。
  10. 次へ(Next) をクリックしてメールボックスを割り当てます。
  11. 終了(Finish)をクリックします。
  12. アクティブなディレクトリ ユーザー(Active Directory Users)とコンピュータのスナップインにある MigrationWiz ユーザーを右クリックして、 プロパティ(Properties)を選択します。
  13. Exchange の詳細設定(Exchange Advanced) タブをクリックします。
  14. Exchange アドレス一覧から隠す(Hide from Exchange address lists)をクリックします。
  15. OK をクリックします。

アカウントのアクセスを付与するには、Exchange Server 2003 の機器から次の手順を実行します。

  1. Exchange システム マネージャー(Exchange System Manager)のスナップインを開きます。
  2. サーバーのノードを展開します。
    スクリーンショット
    注意:一部の Exchange System Manager コンソールでは、サーバーノードが管理グループ(Administrative Groups)にある場合があります。
  3. 管理者アクセスが付与されるサーバーを右クリックして、 プロパティ(Properties)を選択します。
    スクリーンショット
  4. セキュリティ(Security)タブをクリックします。
    スクリーンショット
  5. 追加(Add)をクリックします。
  6. 「MigrationWiz」と入力します。
    スクリーンショット
  7. OKをクリックします。
  8. 必ず 名前を付けて送信を許可(Send As)を選択します。
  9. 必ず 名前を付けて受信を許可(Receive As) を選択します。
    スクリーンショット
  10. OKをクリックします。
  11. 各メールボックスのサーバーにアクセス許可が設定されるまで、手順 3 から繰り返します。

 

Exchange 2007

注意:ホストされた Exchange のプロバイダが管理者の資格情報を提供しない場合や、管理者アカウントがユーザーのメールボックスにログインするための十分な権限を持っていない場合は、ここをクリックしてください

アカウントを作成するには、Exchange Server 2007 の機器から次の手順を実行します。

  1. Exchange Management Console を開きます。
  2. 受信者の構成(Recipient Configuration) ノードを展開します。
  3. メールボックス(Mailbox)ノードを右クリックします。
  4. 新規メールボックス(New Mailbox)をクリックします。
  5. 次へ(Next)をクリックします。
  6. 次へ(Next)をもう一度クリックします。
  7. 名(first name)として「MigrationWiz」と入力します。
  8. ユーザーログオン名として「MigrationWiz」を入力し、必要に応じてユーザー プリンシパル名(UPN)ドメインを選択します。
  9. パスワードを入力し、パスワードを確認します。
  10. 次へ(Next)をクリックします。
  11. 参照(Browse)をクリックしてメールボックスのデータベース(Mailbox database)を選択します。
  12. 次へ(Next)をクリックします。
  13. 新規(New)をクリックします。
  14. 終了(Finish)をクリックします。

アカウントのアクセスを付与するには、Exchange Server 2007 の機器から次の手順を実行します。

  1. Exchange Management のシェルを開きます。
  2. 次のコマンドを入力します。

    Get-Mailbox -server <server> -ResultSize Unlimited | Add-MailboxPermission -AccessRights FullAccess -User MigrationWiz

注意:

  • アクセス許可は各メールボックスに直接設定されるため、新しいメールボックスが作成されるたびにコマンドを適用する必要があります。アクセス許可が適用されるまで、管理者アカウントはアクセス権を持ちません。
  • 上記のスクリプトでは、この記事の手順に従って設定した管理者アカウントの名前でユーザー名「MigrationWiz」を置き換える必要があります。
  • このユーザー名は、MigrationWiz で 管理者ログインを使用(Use Administrative Login)とラベルの付いたボックスにチェックを入れた際に、プロジェクトの移行元または移行先の設定で入力すべき管理ユーザー名です。
  • または、 自動的に上記の手順を実行する、弊社の PowerShell スクリプトをダウンロードして実行する方法もあります。
  • ドメイン管理者、スキーマ管理者、エンタープライズ管理者グループに属するすべてのユーザーアカウントはいずれも、付与されている権限の数に関わらずメールボックスへの管理者権限を持ちません。Exchange Server では、明示的にこれらのグループのメンバーであるすべてのユーザーを拒否するようにセキュリティ既定が設定されています。移行用の新しいユーザーアカウントを作成することが推奨されるのはこのためです。

 

Exchange 2010

注意:ご利用の Hosted Exchange のプロバイダが管理者の資格情報を提供しない場合や、管理者アカウントがユーザーのメールボックスにログインするための十分な権限を持っていない場合は、ここをクリックしてください

アカウントを作成するには、Exchange Server 2010 の機器から次の手順を実行します。

  1. Exchange Management Console を開きます。
  2. 受信者の構成(Recipient Configuration) ノードを展開します。
  3. メールボックス(Mailbox)ノードを右クリックします。
  4. 新規メールボックス(New Mailbox)をクリックします。
  5. 次へ(Next)をクリックします。
  6. 次へ(Next)をもう一度クリックします。
  7. 名(first name)として「MigrationWiz」と入力します。
  8. ユーザーログオン名として「MigrationWiz」を入力し、オプションとしてユーザー プリンシパル名(UPN)ドメインを選択します。
  9. パスワードを入力し、パスワードを確認します。
  10. 次へ(Next)をクリックします。
  11. 参照(Browse)をクリックしてメールボックスのデータベース(Mailbox database)を選択します。
  12. 次へ(Next)をクリックします。
  13. 新規(New)をクリックします。
  14. 終了(Finish)をクリックします。

アカウントのアクセスを付与するには、Exchange Server 2010 の機器から次の手順を実行します。

  1. Exchange Management のシェルを開きます。
  2. 次のコマンドを入力します。

    Get-Mailbox -ResultSize Unlimited | Add-MailboxPermission -AccessRights FullAccess -User MigrationWiz

注意:

  • アクセス許可は各メールボックスに直接設定されるため、新しいメールボックスが作成されるたびにコマンドを適用する必要があります。アクセス許可が適用されるまで、管理者アカウントはアクセス権を持ちません。
  • 上記のスクリプトでは、この記事の手順に従って設定した管理者アカウントの名前でユーザー名「MigrationWiz」を置き換える必要があります。
  • このユーザー名は、MigrationWiz で 管理者ログインを使用(Use Administrative Login)をクリックします。
  • または、 自動的に上記の手順を実行する、弊社の PowerShell スクリプトをダウンロードして実行する方法もあります。
  • ドメイン管理者、スキーマ管理者、エンタープライズ管理者グループに属するすべてのユーザーアカウントはいずれも、付与されている権限の数に関わらずメールボックスへの管理者権限を持ちません。Exchange Server では、明示的にこれらのグループのメンバーであるすべてのユーザーを拒否するようにセキュリティ既定が設定されています。移行用の新しいユーザーアカウントを作成することが推奨されるのはこのためです。

 

Exchange 2013 と 2016

注意:Hosted Exchange のプロバイダが管理者の資格情報を提供しない場合や、管理者アカウントがユーザーのメールボックスにログインするための十分な権限を持たない場合は、ここをクリックしてください

まず最初にアカウントを作成して Exchange 2013 または 2016 サーバーでメールボックスを添付します。

アカウントのアクセスを付与するには、Exchange Server 2013 または 2016 の機器から次の手順を実行します。

  1. Exchange Management のシェルを開きます。
  2. 次のコマンドを入力します。

    Get-Mailbox -ResultSize Unlimited | Add-MailboxPermission -AccessRights FullAccess -User MigrationWiz

注意:

  • アクセス許可は各メールボックスに直接設定されるため、新しいメールボックスが作成されるたびにコマンドを適用する必要があります。アクセス許可が適用されるまで、管理者アカウントはアクセス権を持ちません。
  • 上記のスクリプトでは、この記事の手順に従って設定した管理者アカウントの名前でユーザー名「MigrationWiz」を置き換える必要があります。
  • このユーザー名は、MigrationWiz で 管理者ログインを使用(Use Administrative Login)とラベルの付いたボックスにチェックを入れた際に、プロジェクトの移行元または移行先の設定で入力すべき管理ユーザー名です。
  • または、 自動的に上記の手順を実行する、弊社の PowerShell スクリプトをダウンロードして実行する方法もあります。
  • ドメイン管理者、スキーマ管理者、エンタープライズ管理者グループに属するすべてのユーザーアカウントはいずれも、付与されている権限の数に関わらずメールボックスへの管理者権限を持ちません。Exchange Server では、明示的にこれらのグループのメンバーであるすべてのユーザーを拒否するようにセキュリティ既定が設定されています。移行用の新しいユーザーアカウントを作成することが推奨されるのはこのためです。

 

Office 365

メールボックスのデータを移行する管理者権限を得るには、各メールボックスのアカウントでアクセス許可を付与します。

注意:

  • Microsoft Office 365 のコントロールパネルでユーザーを管理する管理者アクセスを持っていても、そのアカウントに移行するすべてのメールボックスに対するアクセス権限があるとは限りません。
  • アカウントへの委任管理者権限では十分なアクセスを得られません。

手動で移行の管理者アクセスを付与するには、次のリモート PowerShell のコマンドを実行します。

$cred = Get-Credential

$session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.outlook.com/powershell/ -Credential $cred -Authentication Basic -AllowRedirection

Import-PSSession $session

Get-Mailbox -ResultSize Unlimited | Add-MailboxPermission -AccessRights FullAccess -Automapping $false -User MigrationWiz

Remove-PSSession $session

注意:

  • アクセス許可は各メールボックスに直接設定されるため、新しいメールボックスが作成されるたびにコマンドを適用する必要があります。アクセス許可が適用されるまで、管理者アカウントはアクセス権を持ちません。
  • 上記のスクリプトでは、このサポート技術情報の記事の手順に従って設定した管理者アカウントの名前でユーザ名「MigrationWiz」を置き換える必要があります。
  • このユーザー名は、MigrationWiz で 管理者ログインを使用(Use Administrative Login)とラベルの付いたボックスにチェックを入れ、プロジェクトの移行元または移行先の設定で入力する必要があります。
  • または、 自動的に上記の手順を実行する、弊社の PowerShell スクリプトをダウンロードして実行する方法もあります。
  • この記事は、Office 365 の管理者アカウントを使って個々のユーザーのメールボックスにログインするための委任の使用に関するものです。また大規模な移行のために偽装を使用することもできます。

 

Live@Edu

Live@Edu のコントロールパネルでユーザーを管理する管理者アクセスを持っていても、そのアカウントに移行するすべてのメールボックスに対するアクセス権限があるとは限りません。メールボックスのデータを移行する管理者権限を得るには、各メールボックスのアカウントでアクセス許可を付与します。

手動で移行の管理者アクセスを付与するには、次のリモート PowerShell のコマンドを実行します。

$cred = Get-Credential

$session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.outlook.com/powershell/ -Credential $cred -Authentication Basic -AllowRedirection

Import-PSSession $session

Get-Mailbox -ResultSize Unlimited | Add-MailboxPermission -AccessRights FullAccess -User MigrationWiz

Remove-PSSession $session

注意:

  • アクセス許可は各メールボックスに直接設定されるため、新しいメールボックスが作成されるたびにコマンドを適用する必要があります。アクセス許可が適用されるまで、管理者アカウントはアクセス権を持ちません。
  • 上記のスクリプトでは、上記の手順に従って設定した管理者アカウントの名前でユーザー名「MigrationWiz」を置き換える必要があります。
  • このユーザー名は、MigrationWiz で 管理者ログインを使用(Use Administrative Login)をクリックします。
  • 自動的に管理者アカウントを作成して、移行のための管理アクセスを付与するには、Microsoft Live@Edu で移行用の管理者アカウントを準備するためのスクリプトをダウンロードしてください。
  • ドメイン管理者、スキーマ管理者、エンタープライズ管理者グループに属するユーザーアカウントはいずれも、付与されている権限の数に関わらずメールボックスへの管理者権限を持ちません。Exchange Server では、明示的にこれらのグループのメンバーであるすべてのユーザーを拒否するようにセキュリティ既定が設定されています。移行用の新しいユーザーアカウントを作成することが推奨されるのはこのためです。

アクセス許可はメールボックスに直接設定されるため、新しいメールボックスが作成されるたびに上記のコマンドが適用される必要があることに留意してください。アクセス許可が適用されるまで、管理者アカウントはアクセス権を持ちません。

 

Zimbra

admin@domain.com の管理者アカウントには Zimbra のインストールが含まれています。

追加のアカウントを作成したり、既存のアカウントを管理者アカウントに変更するには、次の指示に従ってください:

 

​ ​​